So-net無料ブログ作成
自宅の改修 ブログトップ
前の10件 | -

住宅(築40年~)の隙間風対策-5 [自宅の改修]

電化製品の耐用年数は、一般的に10年です。

古くなった換気扇を取り替えるときに、
化学物質過敏症さんなら、
【高気密電気式シャッター付】をチェックしましょう。

シャッターで停止時に、
屋外からのイロイロな侵入を防げます。
たぶん。

パイプファンの場合、
大きめの150φと普通の100φがあります。





シャッター付きパイプファンには、
台所用が無いのが残念ですが、
自宅では台所のレンジフードに、
24時間換気用を設置しました。

化学物質過敏症の場合、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(2) 
共通テーマ:住宅

住宅(築40年~)の隙間風対策-4 [自宅の改修]

40年前に建てられた住宅の隙間風対策として、
工務店さんに依頼する方法があります。

既存窓の外側に、アルミサッシを設置~♪

以前は、寒い地域での標準的な、
隙間風対策&断熱方法だったそうですが、
現在(2018年)でも、その製品があります。

三協アルミ 外付カバーサッシ アルメイク
http://alumi.st-grp.co.jp/products/reform/alumake/index.html

アルミサッシの外側に、
新しいアルミサッシを設置するタイプです。
※取付の可不可については大工さんと相談してください。

外観に少々影響が出るけれど、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(2) 
共通テーマ:住宅

住宅(築40年~)の隙間風対策-3 [自宅の改修]

40年前に建てられた住宅の隙間風対策として、
工務店さんに依頼する方法があります。

カバー工法でアルミサッシをリニューアル~♪

最近はリフォーム対応の製品が増えてきたので、
短期間で・・・ではなく、
短時間でリフォーム可能の製品が選べる場合があります。
(施工場所、状況によって選べない場合も・・・)

40年前のアルミサッシよりも、
最近のアルミサッシの気密性が高いので、
屋外から室内へ、
揮発成分が侵入する割合を減らせる可能性があります。

それに、断熱性能があるペアガラスにすれば、
窓からの熱の損失が軽減されます。
ペアガラスだけを交換、という製品もありますが、
隙間風対策を目的とするならば、
カバー工法でないと・・・(^^;

その際、Low-Eガラスについては、
賛否両論ありますが、
私は使わないかな~(※1)

メーカーによって多少の違いがありますが、
内部に樹脂(PVC)が使われているサッシが主流になってきました。

化学物質過敏症の場合、
このPVCの可塑剤が苦手な人が多いです。
・・・私も、得意とは言えない。

その対応策としては、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(2) 
共通テーマ:住宅

住宅(築40年~)の隙間風対策-2 [自宅の改修]

短期間だけ、隙間風対策が必要な場合があります。
それは、近隣での塗装工事、防蟻処理(※1)などなどです。

その場合に便利なのが、
マスカー!!!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

匠力 新布コロナマスカー 1100mm×25M MT110
価格:239円(税込、送料別) (2018/4/13時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハンディクラウン 布コロナマスカー 1100mm×25m
価格:279円(税込、送料別) (2018/4/13時点)



マスカーのサイトを見つけました。
http://masker.jp/

体調に影響がでる揮発性有機化合物は、
1階部分に影響が出る場合が多いので、
1階の窓には、外側から設置します。

設置方法としては、
下から上に向かって、
左から右に向かって、
右から左に向かって、
上から下に向かって、
状況によってはもう一度、
上から下に向かって設置します。

最後に、養生テープで周囲を止めれば、
はがれにくくなると思います。
屋外に使うマスカーは布テープの製品で、
窓の高さよりも幅広のものを使います。

工事場所が近い場合には、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(3) 
共通テーマ:住宅

住宅(築40年~)の隙間風対策-1 [自宅の改修]

自宅が築40年程度です。
当時の建材と今の建材は、似ているようで似ていない。
特にアルミサッシは!!

最近の製品は気密性が優れているけれど、
40年前のアルミサッシは隙間風が多いです。

化学物質過敏症で困るのが、この隙間風!!!

隙間からガス状のごく微量の揮発性化学物質が侵入して、
それらによって体調に影響が出る場合が多いのです。

今まで、台所に立つと、
ものすごいイライラ感があることが多かったのですが、
台所が面している住宅が空き家になったら、
イライラすることが激減しました・・・(^^;

原因物質として考えられるのが、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(2) 
共通テーマ:住宅

自宅のシステムキッチン [自宅の改修]

自宅のシステムキッチンは、
タカラスタンダードのシステムキッチンです。
http://www.takara-standard.co.jp/

以前、化学物質過敏症の人から、
「ニオイが凄くて使えなかった・・・」
という声を聞いたことがあります。

チェックポイントとしては、
シンクの裏側に付いている補強板。
これからは、F☆☆☆☆程度の揮発があります。

夏季においてその表面積一平方メートルにつき
毎時〇・〇〇五ミリグラムを超える量の
ホルムアルデヒドを発散させないもの
(建築基準法 施行令 第二十条の七 4より引用)

国土交通省のページもご参照くださいませ。
建築基準法に基づくシックハウス対策について
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/build/jutakukentiku_house_tk_000043.html

自宅にシステムキッチンを設置した時に、
検知管+ポンプを使った測定をしましたが、
2月末頃で基準値の半分程度でした。
(その程度でも私にとっては、
頭痛が辛くなるには十分な揮発量ですが)
だから、夏季は基準値ギリギリになりそうです。

検知管はこちらのものを使用し、
測定はプロにお任せしました。
ホルムアルデヒド検知管
http://www.homenw.net/shop/1_55.html

ホルムアルデヒドの揮発があるから嫌だと、
補強板を撤去することは、
使用中に問題が生じると思うので、
ホルムアルデヒドの放散を防ぐ方法を実施しました。

具体的には、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(2) 
共通テーマ:住宅

台所の断捨離~その後に追加したもの [自宅の改修]

台所の断捨離後に、
色々なグッズを追加しました~
kitchen.jpg
断捨離前から使っているものもありますが・・・
今回は、1のグッズについて~

今回追加して、気に入ってしまったのがこちら♪

フックが壁から離れているので、
泡だて器も壁にくっつかなくて素敵です。

我が家のキッチンは、
タカラスタンダードのシステムキッチンです。
http://www.takara-standard.co.jp/

化学物質過敏症が悪化してからも、
幸運なことに設計・現場監理(意匠)をしていますが、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

台所の断捨離~ [自宅の改修]

我が家のキッチンは、
2011年3月にリフォームしてから、
もう少しで7年目になります。

工事完了直後は、工事の影響だけでなく、
震災の影響、原発事故の影響で、
「とりあえず、使えれば良い」という状態でした。

でも、私が作る食事は、
「とりあえず、食べられれば良い」
程度のものでしたので、まったく問題なかったのでした。

その後、現場監理の予定があったので、
その前に歯科治療を・・・と思ったら、
色々と体調に影響がでてしまったり、
現場監理が完了して、一息つけたと思ったら、
近隣のマンションが大規模修繕したり、
近所で新築工事が続いたり、
勤務先でも耐震補強工事をしたり・・・(>_<)

しかも、現場監理で工事現場に通ったり、
愛猫が他界したり・・・(>_<)

そして、現場監理の影響が治まったと思ったら、
勤務先では、スマホでラジオを聴く人が居るらしくて、
電磁波過敏症が悪化したり・・・(>_<)

最近になって、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(1) 
共通テーマ:健康

自宅のリフォームで使った床材と洗剤♪ [自宅の改修]

昨年末にリフォームが完了したつもりだったのですが、
片付けが途中のまま、工事を始めることになってしまったので、
工事完了後の片付け再開で、
いくつかの不具合が出てきました。

ということで、再度、現地調査して、
見積もりを作成していただいて、発注~
追加のリフォームは半日で完了しました。

今回の工事をお願いした工務店さんは、
地元の工務店さんで、
社長夫人が化学物質過敏症で電磁波過敏症。

だから、建材や工法やその他色々と、
他の工務店さんに比べれば理解があります。
まず第一に、
「化学物質過敏症?ナニソレ?」
という発言が無いだけでもありがたいです。

例えば化学物質過敏症の場合、
クリーニング作業中の洗剤、
その後のワックスが、
大問題に発展することが多いのですが、
こちらが指定した洗剤以外は使わないし、
今回のメイン建材がモミの木だったので、
無塗装仕上げで、ワックスは使用しません。

我が家で使ったのは、
【浮造り(うづくり)】モミフローリングです。
詳細はこちらで見られます。
https://www.marusa-ind.jp/forest_bank/mominoki_products/forestking/

床一面のフローリングを取り替える前に、
その良さを試せる商品があります。

樅(もみ)の木製
浮造り入り ウッドタイル式バスマット



さて今回は、
絨毯を撤去しフローリングに変更したのですが、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(2) 
共通テーマ:住宅

自宅のリフォーム終了~年に1回の作業をしなくては・・・ [自宅の改修]

7月末に愛猫が他界し、
その後しばらくの間はペットロス。

でも、近隣の工事が終わって体調回復。
でもでも、母の介護関係で色々と問題頻発。

愛猫が不在の間にできること、したいこと、
それは、玄関からの愛猫脱走防止対策。
そして、宅配便受け取り時、来客対応時の、
柔軟剤などのVOC対策。

※ VOC=揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)

ということで、自分で改修図面を作成して、
工務店さんに見積もりを依頼し、
予算と仕様をすり合わせて、
塗装剤のSDSを取り寄せてチェック、
ホタテ漆喰を中止して、
水性塗料バウフレッシュEVP -322に決定。

※ SDS=Safety Data Sheet : 安全データシート

もちろん、工事中はしっかり監理しました~
納まりを相談したり、施工範囲を再確認したり。
とにかく工事現場は楽しい~♪

それでも、多少の不足事項があったのです・・・
やはり、少々のリフォームでも、
平面詳細図だけではなく、展開図が必要です。

そして、体調が良い時に、
きちんと図面にコメントを書いて、
現場監督さんに説明しないと!!

化学物質過敏症の場合は特に、
工事中の色々な揮発物質が原因で判断力が低下し、
問題が出る可能性が高いのを実感しました~

着工前に、施工範囲の物を移動したり、
塗装前のお掃除をしたり、
母をショートステイに連れて行ったり。
疲れが溜まった状態での着工も、
判断力低下の原因になりそうです。

リフォームが終了したのが先週末。
流石に力尽きました・・・。

勤務先も仕事納めをしたので、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | - 自宅の改修 ブログトップ