So-net無料ブログ作成
コスメ?とか ブログトップ

冬のハンドケア [コスメ?とか]

洗いものをする時など、
石鹸+お湯を使う機会が多くなるこの季節。
手の油分が減ってガサガサになりやすいです。
その状態で紙を扱えば、紙で手が傷つくこともあるので、
ハンドケアの必要性を感じます。

最近使っているオイルやクリームなどです。
アルガンクリーム


私は携帯用を使っていますが、大きなサイズもあります。


以前から使っているのがこのサンホワイトです。
精製度が高いワセリンで、ニオイが殆ど無い製品です。
アレルギーのパッチテスト基剤にも使われています。


それから、もしかするとドラッグストアで購入できそうなワセリン。


このワセリンはサンホワイトに比べれば、
ニオイが微かにしますが、お手頃な価格なので良いです。
伸びが良いので、付け過ぎるとベタベタする感じになります。

台所での作業後は、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

ネイルのお手入れ。 [コスメ?とか]

小さいころから爪が薄くて割れやすかったので、
学生時代は、建築模型を作る時などは、
マニキュアを塗って補強していた時期もあります。

でも、体調が悪化してからは、
あんな凄い揮発性物質(※1)を含むものは使えなくなり、
ハンドケアの延長で爪もケアという感じでした。

そんな時に「爪育」という単語と、
私と同じ病気を発症して、今まで使っていたものを見直し、
発症者でも使える製品を使ったネイルケアに出会いました。

それが「ラメリック」です。
http://www.lameric.jp/

公式サイトの「育爪ストーリー」は、
一度は読んでいただきたい内容です。
もしかすると、爪のトラブルの原因が分かるかもしれません。

不思議なくらいに、ニオイがしないオイルです。

本当は、ネイルサロンを利用してからブログ記事に、
と思っていたのですが、休日は予約がいっぱいだし、
有給を使い切って欠勤が多いので、平日は無理だし、
とりあえずオイルと爪のお手入れ用品を買って、
動画を見ながら、見よう見まねでケアしてみました。

購入したオイルを使い切ったので、
ハンドケア用のアルガンクリームを使っていたら、
爪が割れることがあったので、
改めてオイルの効果を実感したのでした。

続きはこちらをご覧ください。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

香水に含まれている危険物 [コスメ?とか]

「香料と消臭剤」
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/chemicals%20in%20general/fragrance_idx.htm
上記のサイトにはPDFファイルなので、直にリンクを張れませんが、
「香料の健康影響」という報告書があります。

トップページはこちらです。
環境汚染問題
私たちと子どもたちの未来のために(※1)
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/

「要約」の最後に「提言」が記述されているので抜粋します。
[ここから抜粋]
香料を良い感覚を生み出すと感じる人がいる反面、不快と感じる人もいる。
香料は自分や他人の鼻腔奥まで送り込んで役目を果たす化学物質である。
香料は農薬などのように法的に規制すべきであるが、
実行ある法が無い現状では、公共の場などでの香料使用は自粛すべきである。
[ここまで]

それから「要約」に記述されていますが、香水には、
【フタル酸エステル】などが添加物として含まれているそうです。

フタル酸エステルとは、Wikipediaによれば、
「フタル酸(オルト体)とアルコールのエステルの総称である」
カテゴリとしては、化学物質>有機化合物>芳香族化合物

「芳香」というように、香りがある種類に分類されています。

また、Wikipediaによれば、
「(フタル酸エステルは)内分泌攪乱物質である疑いが強く、
ヨーロッパでは近年使用規制の動きが強まっている」
そして、
「日本では 2002年に厚生労働省より、
食品用の器具や容器包装およびおもちゃについて
DEHPを原材料とするポリ塩化ビニルの使用を
禁止する通知が出された」
そうです。(※2)

他に気になる内容は、
「喘息と香料」にある喘息発生率のグラフで、
通院者率と被患率がどんどん増加しているのがわかります。

また、
「香料に直接接触しなくても、
空気中の香料によるアレルギーも報告されている」
そうです。

他にも香料には、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

ハンドクリーム? [コスメ?とか]

以前、TVで見たのですが、コーヒー用クリームを、
手や顔に塗るクリームとして使っている人がいるそうです。

コーヒー用ミルクは、コーヒーフレッシュとか、
ポーションミルクと言われていますが、
その商品の原料は、牛乳や生クリームではなく、
植物油と、乳化剤が主原料です。

例えば、ある製品の原材料は以下の通りでした。

植物油脂
カゼインナトリウム(乳由来)
pH調整剤
乳化剤(大豆を含む)
香料
甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

油脂と乳化剤(界面活性剤)は、ハンドクリームの主成分です。

因みに、ハンドクリームで使いたくない成分は、
合成界面活性剤、合成ポリマー、毒性添加物です。

合成界面活性剤は、
皮膚の脂質を流失させ、タンパク質を変性して皮膚バリア機能を壊す。
合成ポリマーは、
皮脂の代わりに合成樹脂を使えば、皮膚の環境破壊。
毒性添加物とは、殺菌防腐剤やタール色素など。

乳化剤は合成界面活性剤ですが、食品用だし、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(0) 
共通テーマ:美容

ハンドクリーム2 [コスメ?とか]

以前は、きっちり精製したワセリンを使用していましたが、
ちょっと、違和感を感じるようになったので、
色々と探していました。

そこで見つけたのが、馬油。


無香料だし、油特有のニオイも無いし、
使い心地も良かったのですが、
一つ問題が発生してしまいました。

同居している猫が近寄り、クンクン、ペロッ…。

続きはこちらをご覧ください。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

髪染め [コスメ?とか]

先日、気分転換などしたいと思い、
髪を染めてみました。

私が髪を染めるのに使うのは、ヘナです。

こちらのハーバル コンセントレーションは、
染めるというよりもトリートメント効果重視の色です。


専用ブラシもあると便利ですね。
 ヘナ用 ヘアダイブラシ

 ヘナ用 ヘアダイブラシ
価格:350円(税込、送料別)



体力、時間と相談の上、無理ない使い方をしています。
いつもの入浴時間(約1時間)で試したところ、
そこそこに色が着いたのでOKです。

私の染め方は、入浴前に染粉を溶いて髪に塗り、
薄手のタオルを水で塗らしてから、髪を包み、
通常通りの半身浴を1時間程度。
その後、お湯でしっかり洗ってから、
せっけんシャンプーで軽く洗髪しました。

以前同じ製品を使ったときには、

続きはこちらをご覧ください。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

ハンドクリームなど [コスメ?とか]

冬の乾燥時期に使いたくなるのが、保湿を目的としたクリーム。
でも、ドラッグストアで売られている殆どのクリームには、
パラベンとかメチルパラベンという保存料が入っています。(※1)

たぶん、このパラベン…苦いニオイとして感じている成分だと睨んでいます。
一般的に問題がないとされている保存料でも、
ちょっとでも問題があるなら入っていない製品を選びたいですよね。

私が顔のマッサージやハンドクリームとして使っているのが、サンホワイトです。


成分は、白色ワセリンのみ。
石油が原料なのに、純度が高いワセリンにはニオイがありません。
整髪料としても、ハンドクリームとしても、リップクリームとしても使えます。

そして体調が悪かった時でも使えたのが、○○○○社のメディカルクリームでした。
(※2)

続きはこちらをご覧ください。


nice!(0) 
共通テーマ:健康

髪染め、注意! [コスメ?とか]

以前、母が美容院で髪を染めたら3日間寝込みました。
その次に髪を染めるときに「ヘナ」を使ったら、問題がありませんでした。





ヘナに関する説明はこちら。
http://item.rakuten.co.jp/uzumasa/c/0000000909/

有ると便利な、ヘナ用 ヘアダイブラシ
ヘナ用 ヘアダイブラシ

ヘナ用 ヘアダイブラシ
価格:350円(税込、送料別)


続きはこちらをご覧ください。


nice!(0) 
共通テーマ:健康
コスメ?とか ブログトップ