So-net無料ブログ作成
検索選択

足が痛くて歩けない・・・よくあることですが、 [私の症状・対処法]

先日、歩こうと思ったら足の付け根に痛みを感じ、
痛くて痛くて、歩くのが苦痛になりました。

これが初めての事だったら、
あわてて病院へ・・・と思ったかもしれませんが、
高校生の頃から、何回か経験したことだし、
病院で痛み止めをもらっても、
痛みを感じないだけで、痛みの原因が取れるわけでないし、
ということで、歩行は必要最低限にして、
きちんと解毒剤を飲みつつ、できるだけ普通に生活しました。

翌日に解毒剤の点滴を受けたら、痛みが治まってきました。
何回か、階段を上れなくなり、這って上ったことがありますが、
今回はそれほどではなかったです。
やはり、体調に影響がある物質に遭遇したらしいです。

原因として思い当たることは、
住宅の解体工事現場の近くを通った。
つまり、建材に含まれていた微量成分を吸ってしまった。

○アーサ□ンパスの様なニオイを感じた。
薬が微量でも効いてしまう状態なので、
鎮痛剤の成分で、あちこちが動きにくくなることもあります。

最近は空気中の柔軟剤成分が多くなっているらしいし、
香り成分を閉じ込めているカプセル原料は、
多くの化学物質過敏症患者が苦手なポリウレタンと同じ。
因みに私は、ポリウレタンが含まれている衣服を着ると、
首が締め付けられるような首コリ、肩コリで息苦しくなります。

原因は何であれ、3日目で、
ほぼ普通に歩けるようになったので、
以前に比べれば改善は早くなっています。

以前は、半身浴やウォーキングなどだけで、
薬に頼らずに改善しようとしていましたが、
最近は、早めに点滴を受けることにしています。
いつまで、微量物質に負けることなく、
点滴を受けられるか不安ですが、
気に病んだところで仕方ない、と思うことにしました。

化学物質過敏症の診断を受けた2004年に比べると、
空気が悪くなったように思いますが、
それでも、その頃に比べれば楽に生活できます。
ということは、その分だけは体調が改善したのか、
避けるのが上手になったということなのでしょう。

nice!(3) 
共通テーマ:健康

nice! 3