So-net無料ブログ作成

無香料でも臭いもの、無臭でもツライもの、ニオイが強くても問題ないもの [私の症状・対処法]

化学物質過敏症が悪化して、ある程度回復すると、
体調に影響が出る揮発性化学物質が、
嗅覚や体調に訴えてくることがあります。
これは自己防衛本能だと、何かで読んだ記憶が・・・

そして、化学物質過敏症の症状に、
「記憶力や判断力が低下する」というのがあり、
体調が悪い時には、ボキャブラリーが少なくなるし、
しゃべるのもおっくうになることがあるし、
だから私も、原因物質を嗅覚で認識したときには、
ついうっかり「臭い!!」と言いそうになることが多いです。

しかし正確に言うと、
一般的に言う「臭い」とは性質が異なるわけで、
「ニオイが不快である」というのではなく、
「揮発性化学物質が原因で体調が悪くなった」です。

マスクを着用するのも、
「ニオイが不快だから」ではなく、
「揮発性化学物質を(できるだけ)吸わないようにする」ためです。

でも、傍から見るとその相違は理解できないので、
「無香料だから、これなら安心ね」ということになり、
家族などが、例えば、
無香料の蚊取り線香(殺虫剤成分使用を)や殺虫剤を使って、
体調が悪くなった化学物質過敏症の患者さんの話はよく聞きます。

そして香料で存在が認識しにくい防虫剤・殺虫剤は、
必要以上に使用する危険があります。
それに、ニオイで気づきにくいから、
体調が悪くなってから原因に気づいた時には、
既に多量の成分を吸ってしまっている、という状態です。

最近は、無香料の柔軟剤が売られているそうですが、
成分を見ると、
化学物質過敏症なら避けたい物質が含まれています。
実際に無香料の柔軟剤利用者の近くにいると、
体調が悪くなる患者さんもいます。

最近の柔軟剤は香料が強いので、
「香料が原因で気分が悪い、体調が悪い」という表現を多く見かけますが、
柔軟剤に含まれている成分を見たり、
残香性を高めるための技術資料を見たりすると、
体調に影響が出ると指摘されている成分が含まれています。
そしてそれは香料よりも毒性が高い成分です。

そういえば以前、花屋さんの近くを通った時、
とても強いバラの香りを感じました。
その時に一緒にいた友人たちは「すごいニオイ!」と発言。
でも、私はニオイは強くても体調に影響がなかったので、
「香りは強いけど・・・」という反応。

本当に体調に影響がある物質を認識するのは重要です。
そして、物質ごとの許容量は人によって違います。

毒性がそれほど高くない有機溶剤の場合、
ごく微量の場合よりも、ニオイが強烈な場合の方が、
逃げられるし、防御したくなるし、
ということで、体調への影響が抑えられることがあります。

例えば私の場合、
工事現場の人でもキツイと感じるレベルの有機溶剤を感じた時には、
マスクを重ねて着用したり、頻繁に屋外の空気を吸ったりしました。
でも、体調への影響はそれほどではなかったことがあります。
(実際には、次回から防毒マスクが必要だと感じましたが…)

しかし喫煙者なら気づかないレベルのタバコ成分で、
しばらく動けなる程度の体調になったことがあります。

nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0