So-net無料ブログ作成
検索選択

「化学物質過敏症」を知っていますか? [化学物質過敏症…]

2017年3月13日(月曜日)にTBSラジオで、
「化学物質過敏症」を知っていますか?
という解説があったそうです。
http://www.tbsradio.jp/128171

理解していただきたい項目を転記しますと、
★他の病気と間違えて、どんどん過敏に
「自律神経失調症」「更年期障害」「慢性疲労症候群」
★一致しない原因と症状
★アレルギーと何が違うの?


同じ化学物質過敏症の患者でも、
使える製品が違うことが多いので、
「○○が使えるから化学物質過敏症ではない」
とは断言できないのが、この病気の特徴です。

それから、
★原因となる化学物質は?

最近増えている原因物質がイソシアネートですが、
無臭だから気付きにくい、
測定するのが難しい、
ごく微量で毒性が高い・・・
なのに、柔軟剤には使われている製品が多い・・・(>_<)

分かりやすく説明されたブログ記事を、
上記の記事と同様に、お友達から教えていただきました。
イソシアネート
http://nimpoh.silk.to/?p=4255

記事から少し引用します。
イソシアネートを利用した主な製品は、実は山ほど身近にある。
「接着剤」「塗料」「防水加工」「集成材」「車のタイヤ・バンパー・ワイパーなど」
「弾力繊維」「保温繊維」「記憶形状繊維」「防水繊維」「マットレス」
「チューブ」「ホース」「ポリウレタン」「歯科材料」「作業用手袋」「文房具


最近は、ストレッチの生地が流行っていますが、
綿98%、ポリウレタン2%(~30%・・・)
と表示されている製品も多くなってきました。

ちょっとでも伸びが良い衣服には、
殆どもれなくポリウレタンが入っています。
ポリウレタンは、イソシアネートがたくさん集まったものです。
安定していなければ、イソシアネートが揮発します。

もちろん、製造工程によって安定度が違ってくるので、
メーカーなどによって、問題がない製品もありますが、
洋服売り場に行くと、
体調が悪くなる(吐き気や頭痛、肩こり・首こりなど)
という方は、イソシアネートに負けている可能性があります。
・・・その他にも、ホルムアルデヒドなどの薬品の揮発もありますが。

それから、合成洗剤を使っている時に、
頭痛・眩暈・その他の症状が出る場合も、
化学物質過敏症である可能性が高いので、
一度、専門外来を受診しましょう。

専門外来は、
化学物質過敏症支援センターのサイトにリンクがあります。
http://www.cssc.jp/link.html

nice!(3) 

nice! 3